スキップしてメイン コンテンツに移動

坂本真綾 武道館ライブ



行かないつもりだったんですが、結局行ってきました。
前日に立見分が販売されたんです。
まあ仕事がそんなに忙しくなかったこともあり、チケットを予約して買いました。
なによりやっぱり行きたかったんですよね。
15周年記念だし。どんなものなんだろうっていう好奇心もあったし。
そして31日水曜、早退しました。
僕が坂本真綾のファンであろうことは、会社の誰も想像してないだろうな。
18:30開演で、30分遅れて北の丸公園の武道館に到着しました。

ちょうど「30 minutes night flight」が歌われていた最中でした。
会場、ものすごい人の数です。全席ぎっしりと人がいた。何万人だ?
僕の席(立見ですが)は最上段で最後方。人垣の間から覗くようにして遥か遠くのステージを見下ろすと、坂本真綾の姿がありました。
彼女は真っ赤なドレスを着ていた。背中は大胆にひらけていて、大きなリボンがついていた。スカート丈は短く、ニーソックスをはいていた。

衣装は、このあと何度もチェンジした。
真っ白なウエディングドレス風になったり、カラフルなものになったりした。
ふだんそういうのをライブでも着ない彼女は、自身の衣装を「着ぐるみみたい」と評し、でもまんざらでもなく、ファンの「かわいい」というかけ声に終始デレデレしていた。

途中、菅野よう子や鈴木祥子といったスペシャルゲストが登場してコラボレーションし、その都度、会場は大沸騰しました。ファンの熱気はすさまじいですね。
じっさい、暑かった。ヒートテックを着ていたからなおさらだった。














翌日、渋谷タワーレコード行くと、坂本真綾展があり、ライブで使われた本人の私物ギターが展示されてたりました。

このブログの人気の投稿

ヤマト?

歩き回っていたら、発見した。
これも「アニメのまち」プランの一環なのだろうか。

ナイスセンスです!

隅田川花火大会に行ってきた

7/25の土曜日、隅田川花火大会に行ってきました。

私は今回初めて観に行くので、以下のようなサイトを検索しては、穴場スポットを調べまくりました。
http://guru3me.com/?p=5092

隅田川花火大会は第1会場、第2会場のふたつの打ち上げ地点からそれぞれ打ち上げられ、基本はどちらかに焦点を絞って、観る場所を決めなければいけないみたいです。

私の希望条件は以下です。 ・相方がいるので大混雑は避けたい ・座って飲み食いしながら見たい ・あまり遠すぎず、しかしちゃんと見える場所

どのサイトでもオススメで、自分が良いなと思った候補は以下でした。
・汐入公園 ・東白髭公園 ・銅像掘公園 ・親水公園 ・大横川親水公園
結論からいいますと、下記ブログを読んで汐入公園を選びました。
http://himez.jp/花火/隅田川花火大会の穴場は汐入公園?駐車場は?場.html http://話題.biz/隅田川花火大会、汐入公園の場所取り.html
打ち上げ場所からやや遠いものの ・隅田川に面し、目の前を遮る建物がなく、スカイツリーと花火を同時に見られる ・座ってゆったり見られる ・トイレが近い。キレイらしい。女性にとって大事/快適 ・そんなに混まず、場所取りがわりと余裕がある
という理由です。

私は相方に先行して車で向かい、10時半過ぎに南千住に到着。 駐車場は公園にもあるのですが、そこは使わずに最大料金1500円のベルホームの駐車場に停めました。
公園に向かうと、木陰がある木の下や、土手の上段などの良い場所はすでに予約シートが張ってありました。自分も急いでそれなりの位置にシートを広げました。 風がけっこう吹いているので、ガムテープで固定しました。持ってきて正解です。
眺めはこんな感じです。

位置によってはスカイツリーが手前のビルに隠れてしまいます。 あと、土手の急斜面なところは滑ります(笑)。できるだけ平坦なところが良い。
場所を確保したら、日陰もないので涼しいところに避難。

15時くらいになると、良い場所は無くなり、17時になるとほぼ埋まります。
18時くらいには人がだいぶやってきて、座る場所も見つけるのが困難に。


公園内に屋台が出ますので、ビールや食べ物を調達できます。

夕方になると絶景です。



19時過ぎ、花火が始まりました。

花火は少し遠かったんですが、スカイツリー…

ブログ引越しました

このたび、ブログを引越しすることにしました。
なぜか?と申しますと。
僕の携帯はiPhoneなんですが、写真つきで記事を投稿できなかったからです。困っていました。

で、調べました。同じような悩みを抱えている人のブログなどを読んで。

APPのアプリで、『BlogPress』というソフトを知りました。これがあれば送ることができる、というので購入。

そして、ブログサービスは『Blogger』にしました。
『BlogPress』での使用例もあったからです。グーグルアカウントとパスがあれば、すぐに開設できるという、入りやすかったのもあり。

これで、アイフォンからバンバン画像が送れるのか!