スキップしてメイン コンテンツに移動

感想「ケイオスリングス」

買ってからずっと放置していたiPhoneアプリのゲーム「ケイオスリングス」を再びプレイして、先日クリアしました。

思いました。やっぱりストーリーって大事だなって。面白かったんです。
ゲームの部分はまあ普通なんですが、ストーリーが良い。

どんなかっていうと、男女二人一組の5ペア、計10人が超常的な存在によって、謎のサバイバルゲームに投げ込まれる。お互いに戦い、最後まで残った者は勝者となり、不老不死が与えられるというもの。
映画「キューブ」のような感じで、何から何まで謎からスタートする。

最初に選べるのは二組です。
奥が深いと思わせたのが、じつは2週目以降。キャラの背景が違うだけで同じストーリーかと思いきや、びみょうに進行が変わってきて、このゲームの謎や、他登場人物たちに隠されていた秘密、相互関係が明らかになってきます。いうなれば「かまいたちの夜」的な感じ。やればやるほど、この世界の全容が見えてくるっていう寸法です。

アプリのわりにボリュームがあり、大作RPGをクリアした満足感です。

このケイオスリングスは、発売こそスクエニですが、ストーリーは外注の作家に頼んでいるようです。ストーリーだけでなく、開発もキャラ絵も背景も音も全部外注。
お話は、プロが書いている。

このゲームのディレクターは、どういういきさつかはわかりませんが、それぞれを本職に任せたってのは、英断のような気がします。適材適所だ。

音楽もいいし、キャラの魅力もたってます。
戦闘システムは、後半やっと分かりかけてくるけど、終わっちゃうみたいな感じです。

好評だったからだと思いますが、今月、そのケイオスリングス1の前談である「Ω」がリリース予定。また完全新作「ケイオスリングス2」の開発も決定してます。

この流れはいいですね。スマートフォンアプリのゲームには、夢があります。

このブログの人気の投稿

ヤマト?

歩き回っていたら、発見した。
これも「アニメのまち」プランの一環なのだろうか。

ナイスセンスです!

隅田川花火大会に行ってきた

7/25の土曜日、隅田川花火大会に行ってきました。

私は今回初めて観に行くので、以下のようなサイトを検索しては、穴場スポットを調べまくりました。
http://guru3me.com/?p=5092

隅田川花火大会は第1会場、第2会場のふたつの打ち上げ地点からそれぞれ打ち上げられ、基本はどちらかに焦点を絞って、観る場所を決めなければいけないみたいです。

私の希望条件は以下です。 ・相方がいるので大混雑は避けたい ・座って飲み食いしながら見たい ・あまり遠すぎず、しかしちゃんと見える場所

どのサイトでもオススメで、自分が良いなと思った候補は以下でした。
・汐入公園 ・東白髭公園 ・銅像掘公園 ・親水公園 ・大横川親水公園
結論からいいますと、下記ブログを読んで汐入公園を選びました。
http://himez.jp/花火/隅田川花火大会の穴場は汐入公園?駐車場は?場.html http://話題.biz/隅田川花火大会、汐入公園の場所取り.html
打ち上げ場所からやや遠いものの ・隅田川に面し、目の前を遮る建物がなく、スカイツリーと花火を同時に見られる ・座ってゆったり見られる ・トイレが近い。キレイらしい。女性にとって大事/快適 ・そんなに混まず、場所取りがわりと余裕がある
という理由です。

私は相方に先行して車で向かい、10時半過ぎに南千住に到着。 駐車場は公園にもあるのですが、そこは使わずに最大料金1500円のベルホームの駐車場に停めました。
公園に向かうと、木陰がある木の下や、土手の上段などの良い場所はすでに予約シートが張ってありました。自分も急いでそれなりの位置にシートを広げました。 風がけっこう吹いているので、ガムテープで固定しました。持ってきて正解です。
眺めはこんな感じです。

位置によってはスカイツリーが手前のビルに隠れてしまいます。 あと、土手の急斜面なところは滑ります(笑)。できるだけ平坦なところが良い。
場所を確保したら、日陰もないので涼しいところに避難。

15時くらいになると、良い場所は無くなり、17時になるとほぼ埋まります。
18時くらいには人がだいぶやってきて、座る場所も見つけるのが困難に。


公園内に屋台が出ますので、ビールや食べ物を調達できます。

夕方になると絶景です。



19時過ぎ、花火が始まりました。

花火は少し遠かったんですが、スカイツリー…

ブログ引越しました

このたび、ブログを引越しすることにしました。
なぜか?と申しますと。
僕の携帯はiPhoneなんですが、写真つきで記事を投稿できなかったからです。困っていました。

で、調べました。同じような悩みを抱えている人のブログなどを読んで。

APPのアプリで、『BlogPress』というソフトを知りました。これがあれば送ることができる、というので購入。

そして、ブログサービスは『Blogger』にしました。
『BlogPress』での使用例もあったからです。グーグルアカウントとパスがあれば、すぐに開設できるという、入りやすかったのもあり。

これで、アイフォンからバンバン画像が送れるのか!