スキップしてメイン コンテンツに移動

テレビもってません

僕の部屋にはテレビがありません。

以前持っていたAQUOS32型は実家に送り、その後も買ってませんでした。

テレビなしの生活も悪くないのですが、さすがに映画は大きめの画面で観たい。
いまはiMacで観ているのです。

さらには、PS3などのゲームができない。
Wii Uも近い将来出ます。
業界人としてどうかと思うところもあり。

テレビだって、ないよりはあったほうがいい。
震災のときもそうでしたが、災害時に即座に映像ニュースを得るには、テレビがまだまだ有用でした。

それに、この年末はNHKの「坂の上の雲」の第三部がひかえ、来年には平清盛がはじまります。歴史好きの僕にとっては、「見たい」わけです。

しかし、いわゆるテレビはいらない。ふだん、ほとんど見ません。

どちらかというと、モニターメインのテレビつきを選びたい。

PCの液晶モニターのテレビチューナーつきが理想です。

そして、昨日秋葉原のヨドバシへ足を運びました。

液晶モニターとテレビコーナーを行ったりきたりして、悩みながら長時間物色しました。

何を選んだかは後述するとして、いいなって思ったのがモニターでもテレビでも「薄型」でした。
僕はワンルームに住んでいる。だから、場所をとらない薄型を選ぶことは間違いないと思いました。

テレビ売り場は、薄型・3Dといったセールスポイントが目立ちました。

テレビであれば、「フリースタイルAQUOS」に惹かれました。
本体の薄さもさることながら、ディスプレイとチューナーが分離している点。Wi-Fiの無線接続なのです。
いままで、テレビはテレビ台に置かねばならず、しぜん、部屋は狭くなりがちでした。
これは壁にもかけられます。テレビ台のスペースが消えて、部屋が広くなります。
しかも無線なので、チューナーがリビングにあっても、テレビを寝室やら台所に置いても、見ることができます。

これはイイと思いました。

しかし、ゲーム機がある場合は、有線で接続せねばならないですから、ゲーム機のそばにテレビを置かざるを得ません。ゲーム機を置く棚も必要です。

あともう一つひっかかったのが、AQUOS独自のネットワークサービスがあることです。

たとえば、AQUOSPHONEを持っていれば、端末内の動画や写真がテレビに映し出せます。すばらしいリンクです。

しかし、僕が多く使用する製品はほとんどがAppleであり、SONYであり、任天堂です。
僕としてはこれらのフィールド内のネットワークを充実させたいと考えました。

一方モニターはどうだったか。
デザインに気に入ったのがないのが難点でした。
ゴテゴテしたものが多いなという印象です。
贅沢を言うようになったと思いますが、部屋にこれが置かれたら、どうなるのかをひたすら想像しました。

そのなかでも、HPの23インチワイド アクア・スリム LEDモニターはいいと思いました。
9.8mm!の薄さです。
しかし惜しいことに、スピーカーが外付けだったのです。単体ではならず、スピーカーを別途購入して置かねばならない・・・

ピンとこない。

買うのやめようかと思ったとき、目に入ったのが、11月2日に発売されたばかりの、SONYの「3Dディスプレイ(CECH-ZED1J)」でした。



ぱっと見はPSPを大きくしたような外観です。サイズ24インチ。厚さ35mm。重さ5.7kg。

3D立体視のゲームや映像を視聴することが可能。

3Dにはあまり関心なかったんですが、近頃ゲームも映画も3Dが多くなってきていることに気づきました。デモで流れていたグランツーリスモを3Dメガネをかけて見てました。

やっぱり、飛び出すと臨場感がぜんぜんちがいます。HDのゲームの立体は迫力があります。

この機会に3Dにすべきだと思いました。

入力はHDMI端子2つ、コンポーネント端子が1ついてます。PS2やPSPとの接続も可能です。最初は入力少ないなって思ったんですが、まあ、あったところで使わないとも思いました。むしろ、HDMIが2つあることに注目。この前買ったAppleTVもつけておけるのがうれしい。

3DメガネとHDMIケーブル1本つきます。リモコンは別売り。

PS3をつなげ・・・ブルーレイも視聴でき・・・torneを買えば、デジタル放送を視聴でき、PS3で録画でき・・・と連想はふくらみます。

本体価格は4万5千が、なんと4万になっていました。
テレビとブルーレイ再生機やHDDレコーダーを買うより、ぜんぜん安いです。
SONY製品だから、PS3との調和も良かろうて。

これに決定しました。

来週届きます。届いたら、報告しようと思います。

このブログの人気の投稿

隅田川花火大会に行ってきた

7/25の土曜日、隅田川花火大会に行ってきました。

私は今回初めて観に行くので、以下のようなサイトを検索しては、穴場スポットを調べまくりました。
http://guru3me.com/?p=5092

隅田川花火大会は第1会場、第2会場のふたつの打ち上げ地点からそれぞれ打ち上げられ、基本はどちらかに焦点を絞って、観る場所を決めなければいけないみたいです。

私の希望条件は以下です。 ・相方がいるので大混雑は避けたい ・座って飲み食いしながら見たい ・あまり遠すぎず、しかしちゃんと見える場所

どのサイトでもオススメで、自分が良いなと思った候補は以下でした。
・汐入公園 ・東白髭公園 ・銅像掘公園 ・親水公園 ・大横川親水公園
結論からいいますと、下記ブログを読んで汐入公園を選びました。
http://himez.jp/花火/隅田川花火大会の穴場は汐入公園?駐車場は?場.html http://話題.biz/隅田川花火大会、汐入公園の場所取り.html
打ち上げ場所からやや遠いものの ・隅田川に面し、目の前を遮る建物がなく、スカイツリーと花火を同時に見られる ・座ってゆったり見られる ・トイレが近い。キレイらしい。女性にとって大事/快適 ・そんなに混まず、場所取りがわりと余裕がある
という理由です。

私は相方に先行して車で向かい、10時半過ぎに南千住に到着。 駐車場は公園にもあるのですが、そこは使わずに最大料金1500円のベルホームの駐車場に停めました。
公園に向かうと、木陰がある木の下や、土手の上段などの良い場所はすでに予約シートが張ってありました。自分も急いでそれなりの位置にシートを広げました。 風がけっこう吹いているので、ガムテープで固定しました。持ってきて正解です。
眺めはこんな感じです。

位置によってはスカイツリーが手前のビルに隠れてしまいます。 あと、土手の急斜面なところは滑ります(笑)。できるだけ平坦なところが良い。
場所を確保したら、日陰もないので涼しいところに避難。

15時くらいになると、良い場所は無くなり、17時になるとほぼ埋まります。
18時くらいには人がだいぶやってきて、座る場所も見つけるのが困難に。


公園内に屋台が出ますので、ビールや食べ物を調達できます。

夕方になると絶景です。



19時過ぎ、花火が始まりました。

花火は少し遠かったんですが、スカイツリー…

ヤマト?

歩き回っていたら、発見した。
これも「アニメのまち」プランの一環なのだろうか。

ナイスセンスです!

キラキラスターナイトDX

まさか2016年にファミコンソフトの新作が出るとは思いませんでした
そのタイトルの名前は
キ ラ キ ラ ス タ ー ナ イ ト D X
PvをYouTubeで見てネットで即買いしてしまいましたw



注文した翌日に届きました! 可愛いイラストですね。これはネットじゃないと買いにくいな〜w
ジャンルはアクションゲームです。
ストーリーは、女神にネズミにされてしまった友達の男の子を人間に戻すため、主人公の女の子が星を集める、というもの。
ゲームルールは、女の子を操作して横スクロールのステージを進みながら、制限時間内に規定以上の星を集めること。
操作は左右移動、小ジャンプ、大ジャンプのみ。




星は空からグループで降ってきて現れます。1グループを全て取れれば得点にボーナスがついて、連続してノーミスで取れれば、どんどん加算されます。
星の出現パターンは決まってるので、攻略法は「覚えること」。 つまり覚えゲーですな
ちなみに敵などはいません。 ステージは穴や障害物がなく、ずっと平な道が続いていきます。
移動やジャンプを駆使して、星を集めてハイスコアを狙うのみ。 超シンプルです。

難易度はレベル1と2の2段階あります。 最初は楽勝なんですが、後半にいくに連れて制限時間が短くなってノルマが増えていき、難しくなります。 ちゃんとやってギリギリクリアできるようになってて、レベルデザインを作り込んでいる印象はあります。
気軽にやってみたものの、意外とアツくなりました。
ちなみにコンテニューはありませんのでwwww 1回のミスでまた1からやり直しです。
今やヌルゲーマーになった自分にはキツイ・・ 現時点ではまだクリアできてません。

あと説明書に書いてあるんですが、裏ワザもしっかり実装しており、 隠しコマンドでデバッグモードが解放できるみたいです。

今日はこれくらいにして、次回は絵とか音について感想を書こうと思います!
ではまた!